~超初級~衣料量販店バイヤーの基礎知識①

『アパレルバイヤーになりたい!』学生さん、あるいは『バイヤーになったけど、よく分からない』というバイヤーなりたてで悩んでいる方々に向けて、超初級の知識を簡単にご説明します。

※売価還元法や原価法など評価方法については考えないものとします。

※個人の見解です。

バイヤーって何?

ものすごく簡単に言うと『買い手』つまり『仕入先から商品を買って、売価を決めて、商品を店舗にいれる人』です。

会社によっては『商品を決める人』『決めた商品を店舗ごとに振り分けて仕入れ先に発注する人』など役割が分かれている場合もあります。

自分が決めた商品が店頭に並び、それをお客様が購入してくれて満足してもらえる。そして、お客様の暮らしが豊かになる。バイヤーにとって大きな喜びです。

バイヤーの役割

(1)お客様の暮らしに貢献すること

バイヤーはお客様が求めている商品を①適切なタイミング②適正売価③適正量仕入れることが求められます。

ただ自分が好きな商品を好きな時に、好きな売価で、好きな量仕入れるだけではお客様に信頼されないだけでなく、在庫過多になり、お店は潰れてしまいます。

私も実際に『これ売れそう!!』と自信を持って仕入れた商品が大外れした経験があります。

自分の常識にとらわれず、数字を素直に見て、お客様が求めている商品を仕入れる。

そうしてお客様の暮らしに貢献していきます。

(2)会社の利益に貢献すること

バイヤーは荒利益高の責任者です。

なぜなら売価はバイヤーしか決めることができません。

つまり、設定した売価によって会社の利益が決まります。※会社ごとに売価の基準がある。

もちろん高すぎるとお客様は買わないし、低すぎると利益が残りません。

また、商品投入のタイミングを間違えるとすぐ値下げの対象となり、利益ダウンに繋がります。

私もバイヤーなりたての頃は仕入れ過ぎて在庫を残したり、利益を優先して少し売価を高くしたら全く売れなかったり

売上が好調だったので商品を追加で仕入れたら、予測不能な悪天候が続いたことで客数が減り、在庫過多から大幅値下げをしたという経験もあります。

①適切なタイミング②適正売価③適正量

利益を出すためには最初にしっかりと計画を立てて、天候などの不測の事態にはすぐ手を打てるよう

常に数字を見ることと仕入れ先との情報交換が大切です。

※企業ごとに値入高や粗利益高の考えや評価方法は異なります。

※荒利益高:商品が売れた時に発生する利益。売価と原価の差額。

     値下げせずに売れれば値入高と同額の利益。値下げをすると荒利益高は下がる。

※値入高:商品を仕入れた時に設定した想定利益。設定した売価と原価の差額のこと。

仕事内容

仕事内容はざっくりこんな感じです。

①毎日:発注、仕入れ先との商談、仕入れ先と電話での情報交換、メール確認

②毎週:先週の数値分析、在庫管理、投入計画の見直し

③毎月:先月の数値分析、競合店調査(ストアコンパリゾン)、スケジュール管理

④半年:投入計画の作成(春夏と秋冬)

ポイント

・仕入れ先との商談

仕入れ先との商談はこちら側が買い手の為、優位に立ちますが、謙虚な姿勢を心がけましょう。特に若手にありがちなのが、優位に立ったのをいいことに偉そうな態度で年上の担当者への配慮が欠けてしまう場合があります。まずは知識を付けるために教えて頂く姿勢で臨み、ピンチになった時に協力してもらえるような良好な関係(WINWIN)を築きましょう。

できるだけ安く買いたいバイヤーとできるだけ提案した原価で買って欲しい仕入れ先、この交渉は必ずあります。メリットとデメリットはあるものの原価交渉には様々なテクニックがあります。上司や先輩の商談に積極的に同席し、身につけていきましょう。

・数値分析

数値分析は分析しただけで終わりではありません。分析した内容をもとにどのような対策を打つかが重要です。売れている商品を追加する、売れていない商品を値下げして早く処分するなど対策は様々ですが、分析だけで終わらないよう心がけましょう。

・スケジュール管理

最も大事なのはスケジュール管理です。1週間、1ヶ月、できれば2ヶ月先まで計画した方が良いです。やるべきことを明確にし、仕事の優先順位をつけましょう。また、仕入れ先の予定を押さえることで自分のペースで仕事ができます。

おわりに

今回は私の経験則なので個人の見解です。会社によって人員体制や評価方法は異なるので、すべてに通じる知識ではありません。なので、未経験の方に少しでもイメージできればと思い書きました。

バイヤーは商品を仕入れるだけでなく、商品企画や国内・海外出張(中国などの工場視察)もあります。※会社の体制による

商品企画においては仕入れ先と協力して一つの商品を作ります。ロットによっては実現できない場合もありますが、デザインや販売方法など試行錯誤した商品が売場に並ぶのはとても嬉しいです。全然売れないときはめちゃくちゃ悲惨です(笑)

バイヤーで使う基本的な数字の計算方法は次の投稿で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました